ナマステ・インディア in 女川町


毎年恒例のイベントとなりつつあるGWの風物詩「ナマステ・インディア in 女川町」。今年は記念すべき令和元年5月4日の開催となった。東日本大震災から8年。インド隊が行方不明者の捜索をした縁ではじまったナマステ女川。そこに震災当時の女川町の面影はないが、悲しさ、悔しさ、辛さを乗り越えて、ここまで来た女川町民たち。女川人は健在だ。それと震災以降にはじまった、新しい出会いやふれあいが、新しく生まれ変わった町に溶け込んでいく。。。そんな場面を何度も目にした今年のナマステ女川でした。

インド文化、女川で披露 震災救援を機に交流 | 石巻かほく | 河北新報オンラインニュース https://t.co/1v5wpCKQpX @kahoku_shimpoさんから— 石巻かほく メディア猫の目 (@MediaNekonome) 2019年5月11日

石巻かほく メディア猫の目‏ @MediaNekonomeフォロー中@MediaNekonomeさんをフォローしています


“4th #NamasteIndia-Onagawa” organised by @npo_spijcr held on 4th May @TownOnagawa Miyagi Pref.@ICCR_Delhi sponsored folk dance & music troupe”Vision #Odisha” headlined event.Other activities incl #Talks on #India, #Yoga, Indian classical & #Bollywood Dance.https://t.co/hwDIXX4jd9 pic.twitter.com/7DOutFuQaU— India in Japanインド大使館 (@IndianEmbTokyo) 2019年5月10日


India in Japanインド大使館認証済みアカウント
@IndianEmbTokyo


<iframe src=”https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FIndiaInJapan%2Fposts%2F2650249861712276&width=500&show_text=true&height=778&appId” width=”500″ height=”778″ style=”border:none;overflow:hidden” scrolling=”no” frameborder=”0″ allowTransparency=”true” allow=”encrypted-media”></iframe>

インド大使館公式フェイスブック
ナマステ女川2019
ナマステ女川2019

平成31年度東日本大震災女川町追悼式


東日本大震災から8年。平成31年3月11日(月)午後2時より東日本大震災女川町追悼式が、今年も女川町総合体育館大体育室にてしめやかに執り行われました。当日は強い雨模様の中、在京インド大使館からはサンジャイ・クマール・ヴァルマ駐日インド全権大使の代理として、ラージ・クマール・シュリヴァスタバ首席公使が、昨年度に引き続き来町されて、代表献花に臨まれました。会場に到着するまでの間に、地元の小さなカフェ「おちゃっこクラブ」に立ち寄り、地元の方々から当時の地震と津波の様子や、津波ご遺族の方々のお話に耳を傾けていらっしゃいました。また、震災当時のインド国家災害対応部隊NDRFの、女川町での活動をよく知る、おちゃっこクラブオーナー岡裕彦さんからは、当時のお話をうかがうとともに、インド隊に対して感謝の言葉もいただきました。

  • 追悼式中継
  • 代表献花
  • 平成31年度東日本大震災女川町追悼式

いよいよ3月10日(日)開催|仙台防災未来フォーラム2019

プレゼンテーション|大規模災害時における国際緊急援助隊の役割|言葉と文化の壁を越えて―東日本大震災インド国家災害対応部隊NDRF女川町での救援活動を中心に―|仙台国際センター@15:50-16:40


いよいよ3月10日(日)開催|仙台防災未来フォーラム2019

大規模災害時における国際緊急援助隊の役割|言葉と文化の壁を越えて―東日本大震災インド国家災害対応部隊NDRF女川町での救援活動を中心に―

プレゼンテーションは@15:50-16:40|仙台国際センター展示棟会議室3-A| フォーラム全体の詳しい情報は 仙台防災未来フォーラム2019ホームページ / 仙台防災未来フォーラム2019フェイスブック をご参照ください。

『言葉と文化の壁を越えて。。。東日本大震災で壊滅的な被害を受けた女川町。インドから初めて日本へやって来た46名の救助隊員たち。現場で実際にあった出来事を中心に、国際緊急援助隊の役割、災害時通訳のあり方、何をどのようにすればよかったのかなど、当時を振り返りながら、今後の防災・減災について考えます。』

プレゼンター( 元インド隊NDRF災害時通訳兼コーディネーター)

國學院大學研究開発推進機構学術資料センター共同研究員 平本謙一郎 

インド大使館ヴィヴェーカナンダ文化センター職員 渡邊太一

予定


月命日(東日本大震災八周年追悼式について)


2月11日は東日本大震災から数えて7年11ヶ月目の月命日。来月で8年目を迎える。それに際して、 日本政府は平成31年㋀22日に 「東日本大震災八周年追悼式の実施について」閣議決定した。

開催日は平成31年3月11日(月) 。開催場所は例年通り 国立劇場。開催趣旨は『東日本大震災は、被災地域が広範に及び、極めて多数の犠牲者を出すとともに、国民生活に多大な影響を及ぼした未曽有の大災害であったことから、発災8年を機に、国として、被災者を追悼する式典を開催するもの』としている。詳しくは下記の内閣府ウェブサイトをご参照ください。(2019/02/11時点では詳細は後日掲載予定とのことです。)
https://www8.cao.go.jp/tsuitou/tsuitou.html

以上、内閣府ウェブサイトより一部加工加筆および抜粋。

なお、それぞれの被災自治体の追悼式については、おのおのの自治体の情報を参照されたい。


新駐日インド全権大使にサンジェイ・クマール・ヴァルマ氏が就任


インド本国により前任のスジャン・R・チノイ駐日インド全権大使の後任として、サンジェイ・クマール・ヴァルマ氏が指名されていましたが、本日17日日本国天皇陛下よりヴァルマ氏に、正式に信任状が手渡され、晴れて新駐日インド大使に就任されました。同大使の氏名等は,以下のとおりです。本邦駐箚インド大使 サンジェイ・クマール・ヴァルマ 閣下 His Excellency Mr. Sanjay Kumar VERMA Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of India


【駐日インド大使の信任状捧呈】 
サンジェイ・クマール・ヴァルマ駐日インド大使は,17日,信任状を捧呈しました。https://t.co/5A4qWoXEcC— 外務省 (@MofaJapan_jp) 2019年1月17日

大使閣下の略歴 (在日インド大使館オフィシャルホームページより)https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/ambassador_jp.html


阪神・淡路大震災の記録



1995年1月17日午前5時46分。阪神淡路大震災が発生。あれから24年。震災の風化とともに、その教訓をいかに次の世代につなぎ、今後の防災と減災につないでいくか。それが今後の大きな課題となっている。その課題解決のためにも、私たち一人一人が、震災を他人事ではなく、私事としてとらえ、考え、そして行動していく必要がある。災害大国日本では、いつどこで大災害が起きてもおかしくはない。明日は私が、あなたが次の被災者かもしれない。

神戸市:阪神・淡路大震災の記録 http://www.city.kobe.lg.jp/safety/hanshinawaji/index.htm

神戸市:阪神淡路大震災1.17のつどい http://www.city.kobe.lg.jp/safety/hanshinawaji/revival/hanshinawaji/index.html

神戸市:慰霊と復興のモニュメント1.17希望の灯り http://www.city.kobe.lg.jp/safety/hanshinawaji/revival/monument/index.html


仙台防災未来フォーラム2019

仙台防災未来フォーラム2019


仙台防災未来フォーラム2019
  • 今年のテーマは「マルチステークホルダー私たちが知る・行動する防災の未来へ」。今年は「地域主体の防災・減災」「経験と記憶を伝える」を意識したプレゼンテーション(約1時間)を仙台国際センター展示棟で行います。https://sendai-resilience.jp/mirai-forum2019/



陸前高田市戸羽太市長による国連での演説(世界津波の日/津波防災の日)


2018年11月5日ニューヨーク国連本部にて2018 World Tsunami Awareness Day(世界津波の日2018)総会が開催された。世界津波の日制定の経緯については 拙稿ブログ http://www.ndrf-onagawa311.info/今日11月5日は津波防災(世界津波)の日です-1173.html をご参照ください。第3回目となる今年の総会は約2時間にわたり、現地時間5日午後1時50分(日本時間6日午前3時50分)岩手県陸前高田市戸羽太市長が、英語で約10分間のスピーチを行なった。スライドを用いて2011年3月11日東日本大震災の陸前高田での当時の被害状況、今後の市の復興計画について説明した。そのアーカイブ映像は国連のUN Web TVで配信している。(↓↓下の動画をクリックして戸羽市長の演説の様子をご覧ください。↓↓)

11・6追加情報

“陸前高田市戸羽太市長による国連での演説(世界津波の日/津波防災の日)” の続きを読む


月命日(生死の分かれ目)



7月11日は東日本大震災から数えて7年4ヶ月目の月命日。先日から続く西日本豪雨災害。その被害は西日本の広範囲にわたる。その中の一つの愛媛県宇和島市吉田町の現場では、土砂災害に襲われた3人の遺体が発見された。「避難があと5分早ければ」悔やまれる死。「死」は突然やって来る。あの日あの時の女川町でもそうだった。だからこそ、その日その日を充実して生きる。そして、備えを万全にする。悔やまれる死を迎えないように。まもなくその時。


月命日(スロースリップと鮎)



6月11日は東日本大震災から数えて7年3ヶ月目の月命日だった。その日千葉県東方沖で地震が発生する前に現れるという「スロースリップ現象」が確認された。そして、翌日の6月12日の早朝には、その千葉県東方沖を震源とした震度3の地震が観測された。

スロースリップ現象は数年おきに発生し、周辺の地震活動が活発になることが知られており、最近では4年前の平成26年1月に、千葉県で震度3の揺れを観測する地震が2回、平成19年8月には震度5弱の揺れが観測されている。

一方、それとの関連性はわからないが、ひとつきになる記事を見つけた。

相模川アユ“謎”の急増 過去最多3800万匹 釣り客増加にも期待 http://www.kanaloco.jp/article/328437 #神奈川新聞

今年5月に入って相模川の鮎の溯上数が急増している。それだけなら良いのだが、相模川には鮎が増えると地震が起きるという言い伝えがあるらしいのだ。

相模川のアユ大量発生は「大地震の予兆」?地元の言い伝え存在 #ldnews http://news.livedoor.com/article/detail/14814159/

『アユが豊漁だと地震がくる』この辺りの言い伝え。微妙に重なる事実。備えあれば憂いなしかもしれない。