南海トラフ地震「ゆっくりすべり」24時間監視体制へ


気象庁はこれまで東海地方を中心に監視網を強化していた、地震の前兆現象と言われる「ゆっくりすべり」の観測について。南海トラフ地震に関連する情報をより迅速に発表するため、25日より愛知県から高知県にかけての観測点12か所を新たに追加し、24時間監視体制へ移行することになりました。

南海トラフ地震に備え「ゆっくりすべり」監視強化南海トラフ地震に備え「ゆっくりすべり」監視強化 新たに12の観測装置活用 気象庁 (20/06/25 23:30)

投稿者: Kenichiro Hiramoto

平本 謙一郎 神奈川県出身 國學院大學経済学部経済学科卒 / 國學院大學大学院文学研究科文学専攻高度国語・日本語教育コース博士前期課程修了 國學院大學研究開発推進機構学術センター共同研究員 元在日インド大使館日本語講師 前岩手県復興局震災津波伝承課いわてTSUNAMIメモリアル解説員(日・英) 現公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構企画事業部事業課東日本大震災・原子力災害伝承館勤務 東京消防庁上級救命技能認定証 Kenichiro Hiramoto From Kanagawa Pref, JP, Bachelor of Economics, Kokugakuin Univ., Japanese Applied Linguistics, M.A., Graduate School of Kokugakuin Univ. Collaborative Researcher of Kokugakuin Univ. Organization for the Advancement of Research and Development, Former Japanese Instructor of EOI, Tokyo. Working for Iwate Prefectural Government, Bureau of Reconstruction as an Official Guide Staff for Iwate TSUNAMI Memorial Museum in Iwate. Belonging The Great East Japan Earthquake and Nuclear Disaster Memorial Museum at present. Tokyo Fire Department Advanced lifesaving skill certificate