忘れてはいけない。もうひとつの「津波」。藤沼湖決壊と平和池水害


福島県須賀川市長沼地区にそのダムはあった。農業用の藤沼ダム。正式名称は藤沼貯水池。長年の水不足解消のため昭和12年に着工。 12年の歳月を経て終戦直後の昭和24年に完成。地元では「藤沼湖」と呼ばれ親しまれていた。平成22年3月11には農林水産省の「ため池百選」にも選ばれた。それから1年後の平成23年3月11日。東日本大震災によりダムは決壊。貯まっていた約150万トンの水が、土砂や木材を巻き込みながら、もの凄い勢いで下流にあった集落を襲った。死者7人、行方不明者1人、流失もしくは全壊した家屋19棟、床上床下浸水家屋55棟。記事には昭和26年7月に、京都府亀岡市で発生した平和池水害の「平和池水害伝承の会」から寄贈を受けたキキョウのストーリーが刻まれている。キキョウは亀岡市ゆかりの戦国武将明智光秀の家紋としても知られているそうだ。そのキキョウ5本を植樹し、二つの大災害が紡ぐ縁を育むとともに、教訓の継承に向けて決意を新たにしたという。慰霊碑も令和3年3月11日に設置を予定し、震災から10年の節目となる来年3月11日に完成・除幕式を行う予定だ。


南相馬市消防団


福島県南相馬市原町萱浜地区にある環境放射線センターに東日本大震災・原子力災害伝承館の仮オフィスがある。その並びの一角南相馬市防災備蓄倉庫前の敷地の一角に東日本大震災南相馬市殉職消防団員顕彰碑があった。その石碑にちなんだ記事が6月20日付福島民報に掲載されていたので、それを今回は紹介したい。

碑には記事にあるように9名の氏名ほか、発災後に発表された大津波警報のあと、南相馬市沿岸部を15メートルの大津波が襲い、636名の市民が犠牲になったと記されていた。今回の震災では高い使命感のもと、一人でも多くの市民の命を守ろうと、自らの命を落とした多くの消防団員が被災地にいた。この悲劇を繰り返さないためにも、消防団も救助技能の向上と消防団員も「自分の命は自分で守る」考えを、今後の災害に備えて普及してほしい。かつ、私たち一人ひとりの防災意識と防災力の向上を、私たち自身が積極的に進めるのも言うに及ばない。

石碑の場所の地図です。→ https://goo.gl/maps/czHAuWF6j5rBzcFm7


月命日(双葉町産業交流センター)


今日6月11日は東日本大震災から9年3ヶ月目の月命日。福島県は双葉町の被災伝承・復興祈念ゾーンに整備中の①福島県復興祈念公園②アーカイブ拠点施設③産業交流センター④海岸堤防・海岸防災林のうち、③の産業交流センターが新型コロナウイルスの影響により、今夏オープン予定が、今秋オープンに変更となった。双葉町によると産業交流センターは地上4階建鉄骨コンクリート構造で、売店や会議室、町民の一時帰宅や滞在、交流の促進などの用途が想定されており、隣接する②アーカイブ拠点施設「東日本大震災・原子力災害伝承館」との連携も期待される。なお、②アーカイブ拠点施設の伝承館も、新型コロナウイルスの影響により、今夏オープンが今秋オープンに変更となっている。ちなみに、同センターが立地する双葉町大字中野字高田地区は、津波被災地でもあるため、津波避難ビルの機能も併せ持つ。双葉町産業交流センター→ https://www.futaba-fukkou.jp/archives/2601

双葉町産業交流センター
双葉町大字中野字高田地区に整備中の「双葉町産業交流センター」外観(2020.5.12撮影)