陸前高田市戸羽太市長による国連での演説(世界津波の日/津波防災の日)


2018年11月5日ニューヨーク国連本部にて2018 World Tsunami Awareness Day(世界津波の日2018)総会が開催された。世界津波の日制定の経緯については 拙稿ブログ http://www.ndrf-onagawa311.info/今日11月5日は津波防災(世界津波)の日です-1173.html をご参照ください。第3回目となる今年の総会は約2時間にわたり、現地時間5日午後1時50分(日本時間6日午前3時50分)岩手県陸前高田市戸羽太市長が、英語で約10分間のスピーチを行なった。スライドを用いて2011年3月11日東日本大震災の陸前高田での当時の被害状況、今後の市の復興計画について説明した。そのアーカイブ映像は国連のUN Web TVで配信している。(↓↓下の動画をクリックして戸羽市長の演説の様子をご覧ください。↓↓)

11・6追加情報

“陸前高田市戸羽太市長による国連での演説(世界津波の日/津波防災の日)” の続きを読む


日印友好交流年とは?


今年2017年は日印友好交流年です。『2016年11月,モディ・インド首相が訪日した際,安倍首相との間で,日印間の人の交流をさらに活発化させるため2017年を日印友好交流の年とすることに合意しました。折りしも2017年は,日印文化協定発効60周年にあたり,日本及びインドの両国において様々な交流事業を実施する予定です。こうした事業を通じて,両国の友好関係を更に強化し,様々なレベルと分野での交流が深化し,相互理解が一層増進されることが期待されます。』(以上、外務省ウェブサイト http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/in/page25_000626.html より一部抜粋)そして、その日印友好交流年記念事業として、当サイトおよびそれに準じた事業および企画も、その認定を受けましたことをご報告いたします。つきましては、いままで以上に日印両国の相互理解と相互交流に資するような活動を続けて参りたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

日印友好交流年記念事業一覧 http://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sw/in/page25_000627.html

【東日本大震災インド国家災害対応部隊NDRFの活動記録】 – Activity Record of “NDRF” National Disaster Response Force from India to Japan in March 11th disaster –

日印友好交流年記念行事公式ロゴマーク
日印友好交流年記念行事公式ロゴマーク

アバッセにあばっせ!岩手県陸前高田市に大型複合商業施設「アバッセたかた」4・27オープン


本日4月27日岩手県陸前高田市にオープンした大型商業複合施設「アバッセたかた」。本日午後の最新のニュースによると、オープン記念式典のあとは多くの来客でにぎわっているという。

「あばっせ」とは地元のことばで「一緒に行こう」という意味だそうだ。

だから「アバッセにあばっせ!」。気になる近々のイベント情報はこちら。

4/27木 8:15-9:00 オープン記念式典 9:30-10:00 まちなか広場遊び初め 4/29土 14:00-14:30 餅まき 5/5金こどもの日 15:00-15:30 こども餅まき

(以上、たかかのゆめちゃん公式ツイッター情報より一部抜粋 https://twitter.com/takata_yumechan

「アバッセたかた」にはこどもたちの遊び場「まちなか広場」もある。

まちなか広場遊び初め。ごらんの通りそちらでもオープン記念式典が行われたようだ。

自分も今日のオープン記念式典には行けなかったが、いつか必ず行きたいと思う。

ちなみに、今後さらに商店街が軒を連ね、7月にはメインエリアに図書館が完成するそうだ。

以下、今日の話題「アバッセたかた」のニュース関連リンクをどうぞ。

かさ上げ地に大型商業施設オープン 岩手 陸前高田 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170427/k10010963051000.html

「待ちに待ったオープン」陸前高田市に大型商業施設
http://5.tvasahi.jp/000099523?a=news&b=nss

陸前高田、まちの顔ようやく 市街地に商業施設開業:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK4S5JM2K4SUJUB015.html

にぎわい創出の拠点誕生、アバッセたかたオープン(東海新報4月28日付1面)
https://tohkaishimpo.com/2017/04/28/157704/

アバッセたかたホームページ http://abassetakata.jp/


月命日(熊本地震からまもなく1年)


今日4月11日は東日本大震災から6年1カ月目の月命日。そして、熊本地震からまもなく1年。東日本大震災をきっかけとして地震の活動期に入ったと言われる日本。本日11日付読売新聞によると熊本地震の断層は3000年に1度の割合で動いていることが明らかになったと言う。災害はいつやって来るかはわからない。でも、いつか必ずやって来る。その可能性が日を追うごとに高まっていることはもはや疑う余地はないだろう。まもなく東日本大震災が発生した午後2時46分を迎える。震災後に開局した臨時災害FM局の陸前高田災害FMでは、月命日には欠かさず黙祷放送を行っている。この放送を聞きながら、自分も彼の地へ思いを馳せたい。あの日あの時。。。合掌

熊本地震前震の断層、3千年に1度の割合で活動 : 読売新聞


Abasse TAKATA アバッセ タカタ


今年4月27日にグランドオープン予定の「Abasse TAKATA アバッセ タカタ」を視察。花と蝶がデザインされた新しい看板が人目を惹きます。公園のモニュメントには陸前高田のゆるキャラ「たかたのゆめちゃん」も。オープンが今から楽しみです。

Web東海新報|名称は「アバッセ」に、陸前高田の商業・図書館複合施設

岩手日報|<陸前高田>新商業施設「アバッセ」4月開業