本日4月26日(水)午後2時~指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う―都市間支援で大災害に立ち向かう―」が開催されます

01

以下、仙台市まちづくり政策局政策企画課 防災環境都市推進室 様より情報をいただきましたので、お知らせ申し上げます。シンポジウムの詳細につきましては、同課にお問い合わせください。※お席に余裕がございますので、事前申込は不要です。(当日参加OK)

指定都市市長会シンポジウムin仙台
2017年4月26日(水)指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う―都市間支援で大災害に立ち向かう―
02

仙台市では、4月26日(水)に「指定都市市長会シンポジウムin仙台~助け合いの力が日本を救う~」を開催いたします。

大規模災害時の「都市間支援」の実例として、東日本大震災のほか、熊本地震での政令指定都市、民間団体や学生の支援活動などを紹介するとともに、支援が効果的に行われるために重要な「受援計画」にも焦点をあて、議論を深めていきます。

ぜひ、ご関心のある方がいらっしゃいましたら、ご参加いただけますと幸いです。

多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

〇シンポジウム概要

1.日時:4月26日(水)14:00~16:30 〈開場13:30〉

2.開場:仙台国際センター 展示棟展示室1

3.参加費:無料

※お席に余裕がございますので、事前申込は不要です。

直接会場にお越しください。

4.プログラム:

(1)基調講演「過去の大震災と来たるべき巨大地震

― 人と技術・情報の備え ―」

今村 文彦氏(東北大学災害科学国際研究所所長)

(2)パネルディスカッション

コーディネーター

武田 真一氏(河北新報社 防災・教育室長)

パネリスト

今村 文彦氏(東北大学災害科学国際研究所所長)

田村 太郎氏(一般財団法人ダイバーシティ研究所 代表理事)

久元 喜造氏(神戸市長)

奥山 恵美子(仙台市長)

(3)ゲスト発表

東北大学学生ボランティアによる支援活動の発表

☆詳細は以下のホームページをご覧ください。

https://www.city.sendai.jp/machizukuri-kakuka/shiteitoshi-shinpojiumu.html

【問い合わせ先】

仙台市まちづくり政策局政策企画課

FAX:022-214-8037

TEL:022-214-5226


投稿者: Kenichiro Hiramoto

平本 謙一郎 神奈川県出身 國學院大學経済学部経済学科卒 / 國學院大學大学院文学研究科文学専攻高度国語・日本語教育コース博士前期課程修了 國學院大學研究開発推進機構学術センター共同研究員 在日インド大使館日本語講師  東京消防庁上級救命技能認定証 Kenichiro Hiramoto From Kanagawa Pref, JP, Bachelor of Economics, Kokugakuin Univ., Japanese Applied Linguistics, M.A., Graduate School of Kokugakuin Univ. Collaborative Researcher of Kokugakuin Univ. Organization for the Advancement of Research and Development, Japanese Instructor of EOI, Tokyo, Tokyo Fire Department Advanced lifesaving skill certificate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.