大槌町が震災アーカイブ「~つむぎ~」を公開

大槌町震災アーカイブサイト「~つむぎ~」

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県大槌町。その大槌町が被災状況や復興の様子を後世に残し、災害の教訓を伝承するため平成29年度8月8日震災アーカイブサイト「~つむぎ~」の公開を始めた。

大槌町震災アーカイブサイト「~つむぎ~」
大槌町震災アーカイブサイト「~つむぎ~」 https://archive.town.otsuchi.iwate.jp/

同サイトはふりがなをつけたり、本文を読み上げたり、画面上の文字サイズを小さく・標準・大きくと3段階に分けて表示できる。インターネットを通じてパソコンやスマートフォンなどで閲覧できるほか、同町末広町に来年3月完成予定の複合型施設「おしゃっち」の2階に震災伝承室を整備。電子機器を利用する機会のない高齢者向けに液晶タッチパネルを設置する予定だという。実際に使ってみたが、読み上げ機能以外は特に問題なくアクセシビリティ機能と対応が充実しているのが特長だ。読み上げでは若干不自然なところが見受けられたが、ITプログラム技術の発展にともない、徐々に改善していくだろう。今後は資料を更新しながら県や国立国会図書館の震災アーカイブとの連携も図るという。(以下、9月28日付岩手日報より)

国立国会図書館の震災アーカイブといえば、このサイトにもリンクしてあるが、国立国会図書館東日本大震災アーカイブ「ひなぎく」-  http://kn.ndl.go.jp/#/ で、インド隊NDRFの日本での行方不明者捜索の活動状況を示す写真も数百点収められている。写真は同サイトのキーワード検索、「インド」「女川」「NDRF 」などのキーワードで検索ができる。こちらも災害に関する今後の教訓の伝承や、防災教育に役立てていただければ幸いだ。


投稿者: Kenichiro Hiramoto

平本 謙一郎 神奈川県出身 國學院大學経済学部経済学科卒 / 國學院大學大学院文学研究科文学専攻高度国語・日本語教育コース博士前期課程修了 國學院大學研究開発推進機構学術センター共同研究員 在日インド大使館日本語講師  東京消防庁上級救命技能認定証 Kenichiro Hiramoto From Kanagawa Pref, JP, Bachelor of Economics, Kokugakuin Univ., Japanese Applied Linguistics, M.A., Graduate School of Kokugakuin Univ. Collaborative Researcher of Kokugakuin Univ. Organization for the Advancement of Research and Development, Japanese Instructor of EOI, Tokyo, Tokyo Fire Department Advanced lifesaving skill certificate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です